まみむめもあい

オリジナル中心イラストブログです リクエストがあれば気が向いたら描くかも…。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚写真を撮るならば5キロやせてから!と言っていたのに、1キロすら減ってないのに撮ってしまったww
そこまで待ってくれなかったよ…

一週間前に化粧水で肌がブツブツになったり、でかいニキビが3つもできてしまったりで間が悪すぎ(´Д`)
何とか当日にはマシなところまで治ったけど、痕があったからなぁ。
しかし化粧をして写したら分からないくらいになっていて安心。
マスカラやらビューラーやらは初めてだったので、後で落とす時に苦戦したり。メイクのお姉さんに初めてと言ったらまつげが長いから普段は必要ないと言われたけどお世辞なのかどうなんだか^^

デジカメで撮ってその場でアルバムにする写真を選んだりしていたのだけど、朝9時50分から昼の2時半くらいまでかかったので結構長かったなぁ!
ドレスは自分に合わせて作ってるものじゃないから、後ろをでかいクリップ?で留めて、写す方向によって緩めたり強く締めたりして調節してた。いろんな体系の人がいるだろうになぁ?と不思議に思っていたのだけど、謎が解けたわ(´∀`)
アルバムができるのは7月くらいなのでまたしばらく後の話。

スポンサーサイト
生魚扱ってるのに何で今まで検便なかったのか謎なんだけど、今年はあるみたい。安心したけど何かヤダな~。

60近くのおば様方もいらっしゃる仕事場なので、出てくるのは昔のお話。
昔はマッチ箱に箸でつまんで入れて綺麗に包んで持って行ったとか、子供の検便を入れてやるのが嫌で仕方なかったとか。
自分は低学年の頃の検便の記憶なんてないけどさ。ハシ使えるならば自分でさせたら良いんじゃあ?とか思うけど、お子ちゃまは何をしでかすか分からないからwだそうな。確かにうんこ持って追いかけられたりいたずらされたりしたらたまらんわなぁ。

”汲み取り式の時はね、新聞紙を横に敷いてその上に出したのよ!”とか聞くとうへぇっと思ちゃうんだけど、まぁ、それ以外に取りようがないか。
それよりもポットンの時代から検便ってあったのね。水洗トイレが出てきたらあっという間に水洗トイレに変わっていったそうな。

私の学生の時は蓋付きの丸い容器に割り箸でつまんで入れてたような記憶があるけど、今は指くらいの細長い蓋付きの容器で、蓋を開けたら蓋の部分に耳かき状の棒が付いていて箸を使わなくて良くなってるの。容器本体の中にはゼリー状の物体が入ってるけど、あれが何なのかは謎。水洗トイレは何せモノが水の方に滑っていくので、容器やトイレが進化しても取りにくいし嫌なことには変わりないんだよなぁ!
化粧なんて面倒だし、ファンデーションなんて肌に悪いらしいのにするのなんてバカバカしい。しなくて良いじゃん?っつう考えの持ち主なのだけど化粧はマナーとか言われるし、年をとるほど化粧売り場に行って聞くのが恥かしいし、いい加減化粧の一つでも覚えないといけないよな~と思って化粧売り場をウロウロ。

化粧の仕方はネットで確認はしていたけど今いち分かりにくい。女性向けのページじゃなくて、オカマさん向けのページの方が分かりやすく説明してるじゃん!と思った^^でも一番分かりやすく書いてるのは本。
化粧水→乳液→下地→ファンデ→コンシーラーでシミ隠しなどという順序は分かったものだけど、何だか油絵で色を塗り重ねることとか、工作で開いてる穴をパテでつめてニスを塗ったりという作業を彷彿とさせられるね。

本は分かりやすくて良いわねとは思ったけど、それでも悩めるものだ!ファンデーションに種類があるし、お粉お粉って一緒のもんじゃないのかよ!とかリップだ、グロスだ、アイメイク!マスカラ!下地にしても日焼け止めと別々だったり一緒だったり、乳液と化粧水も一緒になってるのもあるし…化粧道具メーカーも種類も多すぎ(;´Д`)周りの人に聞くにしてもおばさんばかり。休憩時間にメイク直してる同じ年くらいの子は厚化粧だの何だの陰口叩かれてるのを見るし、どないやねん!という感じ。カウンターのある場所で少し聞いて試供品もらったりしたものの、種類多すぎで先に行けないや(´Д`)

小学生の時には生理用ナプキンの使い方を教えるために放課後残されたことあったのだから、就職のためにはメイクが必要ですとかって高校でも教えてくれたら良かったのになぁ。資生堂のお姉さんを呼んで講習会あったという学校もあるらしいのに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。